陽と木の優しさを感じる家

陽(ひかり)を育む家木の香り陽の暖かさを感じる空間

四季によって変わる光の角度や素材の経年美化を感じられるよう設計。
床、枠、カウンターなど「木」本来の色を残し、素材の色の変化を楽しみながら暮らせるそんな空間を造った。
生活動線は物干し、クローゼット、寝室を一直線にし生活の無駄を省けるようにした。
リビングにはメインのダイニングテーブル兼作業台を配置。家事や団欒の中心として家族みんなが集える場所となった。

LOCATION
埼玉県深谷市
CREATIVE DIRECTOR
松井 成嗣